Thursday, April 24, 2014

あれ、なんか、後輪フリクションロス大きくない? どうする、デュラる? デュラる?



デュラることにしました。


頭、高くない?
シマノのパーツが5月から大幅値上がりするそうです。上の方のコンポーネントほど上昇幅が大きく、なんかガチでレースにでる人は大変だとか。自転車パーツは累計ワット数でヘタって行くので、速度が出せる、出せるように練習する速い人ほどパーツが消耗品と化してくるとか。スプリンターだとさらにパーツ代、フレーム代で死ねるそうです。

で、自分はロングライドがメインで飛ばすわけでもないのでフレームはまだまだ大丈夫なんですが、雨に遭遇して走ったこともあるので、そろそろハブかボトムブラケットがダメになってきました。そういや2万kmぐらい走ったけど、グリスアップ1回もしてないわー(駄目すぎる)。

前輪はハブダイナモで組んでもらったので、ホイール一式新しくなりました。しかし、後輪は買った当初のままです。GIANTのPR-2 。 頑丈ですが工作精度あまめのリムでして、スポーク用の穴の位置がズレているので、タイヤ内部でチューブが傷ついてパンクするという罠がありました。ズレた穴には替えずにコルクを打ってもらっていままで使っていました。前輪のホイールも同じPR-2で、穴のズレがあったので、これも、コルクを打ってもらって使っていました。ホイール穴ズレ問題が露見しないのは、TCRやほかのレース系で本気の人はとっととホイールを替えちゃうからだと思います。あと、体重おもくないだろうという。

自分は別に走れるなら重くてもいいや、むしろ、重い方が頑丈でフレもでにくいし、トラブルも分かてるからと、そのまま使っていました。だいたいが適当なので、適当に踏むにはうってつけのホイールだったのです。コケても振れ取り簡単。でも、1mmぐらい取り切れないけどまあいいか。

が、走行中に、BBかリアハブから音がしはじめたのです。ペダルかもしれませんが、グリスアップしようかと思ってソケットレンチセットを買ってきたら、7mmも8mmもあいませんでした。あ、これペダルのナットはたぶんインチサイズだわー。

クランクが5700系105なので、外すにはホローテック2対応の工具が必要になります。もちろん持っていません。カップアンドコーンの分解技術? もちあわせていません。あと、そもそもグリースもスプレーグリースしかありません。さがしたらどこかにあるかも知れませんが、なかったはずです。

というわけで、後輪を調達する必要がでてきました。

しかし、5月からはシマノのパーツがホイール含めてすべてが値上げ。値上げ前に何を買うべきか、アルテグラホイール? パンクの時が辛いそうと効きます。RS-21? ハイトが低い方は剛性は高いものの、やはりR500、R501と比較して軽めに仕上げられており、金属も減らされたのかR500、R501と比で振れやすいとも聞きます。

振れないというなら、鉄板はマビックのオープンプロです。問題はハブ。大幅な値上がり前。高いハブほど値上がり幅も大きい。ならば、ここは、いままで入手して乗ったことが無いものを使いたい。そう、この際だから-、この際だからー、デュラることにしたのです。

と言っても、デュラエースホイールを買うのは難しいので、手組みしてもらうことにしました。ハブだけデュラエースです。

リムはマビックのオープンプロで、スポークはホシの14ー15バデッドにしようかなあと思いましたが、カラーが希望のものがなかったのでおまかせすることにしました。スポークはDTスイスになるかもしれません。丸スポークが頑丈だから好みですが、どうしたものか。

問題は、ちょっと自分の心やスタイルがブレてしまって、ほんとだったら32Hか36Hにするべきところを、今のホイールのPR-2が28Hだからーってのを心の言い訳にして、デュラエースのリアハブも28Hにしてしまったのです。でもスプロケットはアルテグラの11-28T。バラバラだ……


そして、室内や放置しているパーツをみわたすと、後輪がいらないローラー台に据え付けるためにドロミテから外したR500ホイールが、105の11-28Tスプロケでまるまる余っているという(ただし、23Cのリチオン2)。

やはり、自分のスタイルを崩すといかんですなー。

Tuesday, April 22, 2014

いきなり団子を求めて旅をする

 地元のいきなり団子の名店らしいところで食べると、なるほどの最適化ぶりでした。いきなり団子のガワが、通常の饅頭タイプだったのです。大福タイプのものだと、蒸らした時に食べにくく、てもペトつきます。饅頭タイプだとペトつきが回避され、湿気て、へにゃっとなるのも抑えられます。ゆえに人気だったのかと納得しました。
 その後、さらなる、いきなり団子を求めて、

ranobe.com: 陶山神社を目的に往復100マイル
http://www.ranobe.com/2014/03/blog-post_12.html
100マイルライドでうまかった記憶のある店へむかいます。正直、自転車で距離を走った後だと味の評価がすべてプラス2ぐらいされます。正確な評価ができません。今回は、車で向かいます。あと、お土産用に冷凍のものを買うことにしていました。

で、冷凍の土産用を購入したんですが、店の人に聞くと、冷凍の物ならもっと近場で買えたそうです。冷静に観察して食べると、中の芋が上下に切り分けられていて、その中に餡がサンドされていました。amazonで通販可能ないきなり団子だと、肥後屋タイプです。


芋を上下に分けると言うことは、通常のいきなり団子よりも芋を薄くすることができて、かつ芋の総量は増やせて蒸しやすいということなのかも。

餡が芋餡だったりしたり、饅頭タイプのガワだったり、芋をスライスして上下に分けたりと、シンプルなはずのいきなり団子にも色々な種類があると知って驚きました。さらに検索すると、地元でいきなりだんごの芋が、賽の目状に切られているタイプがあることも分りました。おもに病院の売店に納品されているそうです。細かく切ってあれば、お年寄りにも食べやすいのでしょう。あと、芋に火(熱)が通るのも早い。



そして、反省のローラー台。100W維持でも膝は痛まなくなりました。よかったよかった。

Friday, April 18, 2014

由布院でポタリングして土産を買って蕎麦を食べると、なんか、立ち寄りの湯が閉まっていまして……


山の中に咲く花を見てポタリングを継続します。桜か藤か花桃か。
やまなみハイウェイも自転車で走りたいものですが、折りたたみだと厳しいので、できればロードバイクで行きたい。
金燐湖。偏光サングラスをしていたので魚がハッキリ見えていたのですが、PLフィルターなどという装備はもっていないので反射光でガッカリです。安いやつ買うかあ。コンデジ用ってあるんだろうか。
およげそう。そして、怒られそう。
ポタリングを継続すると、馬車に遭遇しました。
石垣と菜の花、遠景に山。
見る分には良いのですが、登るのは辛そうです。見晴らしが良いということは、日光や風が厳しいということでもあるのです。

自転車でまっすぐの道を走るのも同じでして、補給もできなければ、日光も厳しい。あと自転車だと路面の照り返しも厳しい。島原の堤防道路は辛かった。

由布岳 登山
ちょっとだけ登りたくもなったのですが、東峰だけでも無理そうな感じ。装備無し、補給食少しでは、遭難しにいくようなものだそうです。
マウンテンバイクならいけるかもと思いましたが、鎖場で詰むそうです。あと、下りで登山客とトラブルになると。
ポタリングを継続して蒸気機関車が置いてある公園に。お湯の町湯気、蒸気、蒸気機関車という連想なのかもしれません。
豊後牛の炙り寿司。看板だけ撮影しました。
由布院駅までやてきて振り返ると、電線が地中化されていて見事な眺め。しかし、街の中に行くと、電線は張り巡らされたままです。
由布院駅から歩いてすぐに赤司菓子舗。黒子のバスケのファンのひとは大変な案配です。
駅横には電動レンタサイクルののぼりがありました。アシスト機能のもので、自走はしないような感じでした。観光客が多いところなので、自転車で土産屋が多いところに突っ込むのは無謀です。アシスト機能ありのもので、ちょっと山の方に向かうのがよさそうでした。

本来の目的であった、湯の素を発見。由布院では、由布院駅前の日之新だけに売っているそうです。
コンビニも環境配慮型。
大惨敗へのコンボ、そのいち。豊後高田でも無いのに蕎麦を選択。
蕎麦が届いて、見た瞬間に、うどんを頼むべきだったと悟ります。と言っても普通の蕎麦でした。どこでも食べられるような。白玉饅頭も大分土産なので、粉物正統派のうどんが正解だったようです。




 その後、由布岳の方に車で移動します。坂を自転車で登る気力はありませんでした。
 ちょっとは登ったのですが、即リタイア。
 ガスも少なめで良かった。
 PM2.5は飛んでいるようでした。
おお。

で、締めは温泉に浸かって帰ろうかと思っていましたが、この後行ったら立ち寄りの湯はしまってました。

由布院に来て温泉に入らずにかえるという久方ぶりの大惨敗を喫して帰路についたわけです。



大惨敗を喫した由布院か湯布院行き

 自転車で行くのは辛かったので、車で湯布院に行きました。湯布院? 由布院? 地名としては、由布院が正しいようです。インターチェンジは湯布院インターチェンジなので、どちらも利用しているようです。

写真は山田のサービスエリアで、太陽光パネルたくさん設置の図。
サービスエリアで鶏天定食。ぱっさぱさだよ! というか、普段使いのツユが、濃縮2倍をそのままなので、普通のところのツユが薄く感じてしまうと言う。

 由布院温泉 - Wikipedia
 ナビの力もあり、無事に辿り着きました。
 由布岳が素晴らしい。
 インターチェンジを降りてすぐが道の駅のため、軽く休憩を取ることにします。
 道の駅で、最近はまっている、いきなり団子を食します。
 鶏天コロッケも食します。鶏天もバリエーションが増えてきました。せんべいが一番きがるでおいしいです。
 あの見えているところを自転車走りたいんだよなあ。
 折りたたみ自転車を持ってきていました。以前に高千穂でトランポしたはいいものの、自転車で道に迷って死を見ました。反省を活かして、自転車用ナビも持ってきています。USB発電もできるライトとハブダイナモも装備して、長時間の迷宮入りにも耐えられる仕様です。
 先週ぐらいに行ったのですが、標高が高い場所のためか、桜の花はまだ残っていました。
 うろうろとポタリングします。さらにポタリングして、後の祭りフラグを立てまくっていくという。
この後の大惨敗につながるのですが、由布岳をゆっくりと眺められたのは良かったです。

Thursday, April 10, 2014

根こそぎフランケンネタの咲SSを読んだのが運の尽きで、レッツゴーなまけものをダウンロード購読する羽目になる

根こそぎフランケンは、車の一年点検に行った際の待ち時間に、ふらっと入った漫画喫茶で読んでいました。で、咲ssの根こそぎフランケンを読んだわけです。

麻雀知将伝―根こそぎ翠星石― 目次 - やらない夫オンリーブログ
http://yaranaioblog.blog14.fc2.com/blog-category-128.html
根こそぎフランケンが分らない、近くにない、入手も難しいという場合は上記がわかりやすいですう。って、フランケンと同じ口調というわけだったのかと、いまごろネタに気が付く始末。

そしてSS

竹井「え、打ち切り?」 : おかしくねーしSSまとめ
http://blog.livedoor.jp/dpdmx702/archives/37663355.html

竹ブログ : 竹井と竹井が出てくるSS読んだ
http://blog.livedoor.jp/take_18000/archives/25166937.html

フランケン「そろそろ混ぜるです!」久「……」まこ「……」竹井「……」 : おかしくねーしSSまとめ
http://blog.livedoor.jp/dpdmx702/archives/28782634.html


Let's Go なまけもの (仕事、お知らせ) 押川|押川雲太朗の万事いいかげん
http://ameblo.jp/oshikawauntaro/entry-11666733993.html
流れるように、既巻の1,2と、金曜に追加されていく連載形式の3巻相当分をパブーに登録してクレカ設定して購読。ゆるぬる熱いです。殺せんせーと同じぐらい?


http://www.untaro.net/gallery/#namakemono
リスキーエッジが無いので、咲SSのネタも半分ぐらい分らないという。