Monday, July 21, 2014

夏の行楽地へのロングライドは地獄絵図 輪行撤退が間に合ってよかったです

 「角島どうでしょう?」  夏には無理目かなあと思っていましたが、言葉のアンカリング効果でふらっと行くことになりました。出発が朝の6時半で、夏の300km超えのコースとしては無謀な出発時間です。涼しい時間帯に距離が稼げないのと、終盤でトラブルがあると撤退が難しくなります。などと言いつつ、前半はゲリラ豪雨に降られる以外は順調でした。
 福岡市~北九州市~関門海峡人道トンネル~山口県下関市~豊北~角島大橋というコースで、「ああ、途中で塩分もカロリーも足りなくなるから、娘々で肉焼き飯と、塩のキツイスープのラーメンセットでも~」と計画しますが、娘々は11時30分開店でした。到着したのが11時ちょうどぐらい。

ジェットのせいで歯車がズレたか……(?)」などと言いつつ、待つのも時間が厳しいので先に進みます。
 押し歩きの関門海峡の下を通るトンネルに到着。自転車ではここが鬼門でして、じぶんはまだフラットペダルでスニーカーなのでマシですが、ビンディングペダルでクリートの場合は死を見ます。
 サイドに人や自転車の道があればなあ。いまからでも吊り下げで、メンテ通路兼用でできないものか。無理か。
 海底でのお約束撮影。1.6kmはながいですたい。
 下関に渡って、唐戸市場でふぐでもたべたいなあなどと思ってはいましたが、装備を解除して自転車を止める場所がないので、ジュースを飲んでナビの設定をして、角島大橋へ向かいます。行きは元気に火の山超えコース。

 下関人道トンネル入り口 角島大橋
ナビタイムへのリンクになります。自分の場合は、ソニーのNV-U37なんですが、案内ルートはNV-U37の方が自転車乗りに適したものになっています。ただ、デフォルトの案内コースだと、坂超えの要求がNV-U37はちょっとつらいです。
 アップダウンはしんどかったものの、車の通りは海沿いよりも少ないコースを通って、川棚ふきんで大きな道に合流します。

道中の「かど家」にて遅めの昼食。肉玉うどんです。出汁は引けていたので、醤油を大量投入して、今後の暑さに備えます。自転車を窓際から監視できるところに駐輪できるのがポイントです。

 ツユも完飲。ここからはもう、ひどく暑い厳しいコースになりました。角島が近づくに連れ、とんでもなく渋滞していたのです。
 豊北(ほうほく)の海岸。角島大橋まで行くといろいろと無理ゲーなので、海水浴がメインなら途中、うどんのかど屋があった川棚付近から渋滞が開始する豊北の手前までで泳ぎに行くのが正解のようです。土井ヶ浜近辺で大渋滞が開始していましたので、泳ぎメインなら川棚から土井ヶ浜までで決めたい。
 豊北の道の駅が隣にありますが、土日休日は駐車場が満杯で入り待ち出待ちで渋滞の一要因になっています。
 そして、昨日の地獄絵図。
 自転車だと余裕の記念撮影ですが、さすがにこの状態の角島大橋を無傷で渡り切る自信がなかったので、おみやげに角島まんじゅうを買って宅配してもらい帰路に付きます。
 この時点で、片道147km、経過時間は8時間ちょい。アップダウン多めだとまあまあかなあなどと思っていました。
 しかし、海は綺麗なんですが……

 車でこようなどと思わなくてよかった。
 オフシーズンになら車できてみたい。
 そして、余裕の無くなった帰路で、また、手打ちうどんのかど屋に寄ります。今度は、カレーうどんです。
 醤油を大量に入れて、またツユまで完飲。それでも塩が足りなくなっていました。まあ、炎天下でペダリングが10時間超えていましたから。
 道中に、パンクをしていた二人組の女性ライダーがいて、ちらっと助けようかと思って見てみたのですが、ライト以外の装備面が自分よりも揃っていたので、とくに何も手助けできることなく先に行きました。ミニフロアポンプありだったという。えらいっす。
 で、こちらもみごとなレベルの貫通パンクに遭遇してしまい、修理をするも、じょじょに空気が抜けていく状態になりました。使っている空気入れが、携帯用のストレートタイプのもので、適当に空気を入れると、すぐにコアにダメージが行くという。どうもパッチで修理していた部分も、貫通痕だったのでイジーパッチが真芯にはれず、そこからも少しづつ漏れているようでした。

先に遭遇した女性ライダーは初心者っぽいのにもかかわらず、イジーパッチでなくちゃとしたパッチでミニフロアポンプだったし、なにか自分は色々と道を間違えているのではないか? なんで、ライトだけに装備が偏っているんだろう?
持っている携帯ポンプだとコアにダメージが行くのは分かっていたので、パンク修理したチューブで街中までいって、あとはそこでチューブ交換して、ショップか駅前の駐輪場で空気入れを借りるとすりかなと大甘の期待で小倉にたどり着くと、もう時間が20時を回っていて自転車ショップは閉まっています。

「あー、駅前の駐輪場なら、空気入れあるでしょう」と思って、駅前の駐輪場に行くと、空気入れはあるにはあったのですが、フレンチバルブ対応をしている空気入れがあるわけもなく……

「クッ! しかし、英式―仏式のバルブアダプタがサドルバッグの中かホイールのバルブ先にあるはず! 80psiぐらいまでは入れることが……」   えー、なんか、バルブアダプタは、新しいハブにしたときに外した古いホイールのチューブ先につけたままだったようです。

ゲリラ豪雨の降ったこれから走らないと行けない東郷あたりの路面などを考えると、たぶんまたパンクする可能性が高いので、八幡駅から輪行で帰ってきました。この
輪行撤退だけは、わりと正解だったと自分を納得させています。

塩分摂取の裏芸 夏に自転車とかマラソンなどの運動を数時間単位で行う場合においしく塩分摂取(体にはよろしくありません)

ダシがしっかりと取れている、うどんでも蕎麦でもラーメンでも貝汁でもなんでも良いので、醤油を思う様ぶち込んで食べよう!

先に結論を書いておきました。

先日、一日で200km超えの自転車でのロングライドを行いましたが、あまりの暑さに発汗もひどいことになり、発汗にともない水分を大量に摂取していました。すると、こんどは血中のナトリウム濃度が下がったためか、思ったように足が動かなくなります。自転車のペダルを踏もうとしても、きつい坂でもないのに踏み込めない。暑い。なんだかぼーっとする。水を飲む。回復しない。ジュースを飲む。ハンガーノック手前だと少しは回復しますが、足が回らないのは別の要因がありそう。ああ、ミネラル、とくに塩分が足りていないんだなあ。

発汗慣れしても、十数時間の単位で自転車を漕ぐと、水分摂取とあいまってミネラル分が足りなくなります。思ったように体が動かなくなってくるのですぐに分かります。

熱中症には効果はありませんが、たんにナトリウムが足りないなーという場合は、塩分タブレットもひとつの解決方法です。
ただ、連続で摂取は厳しいです。胃にもよろしくないし、そこらへんのドラッグストアには売っていません。かといって、カバヤの塩分チャージだと高くつきます。持ち運びに関しても、井関食品と同じナトリウム量を持って行こうとすると、カバヤの塩タブでは井関食品のものの3倍のカサが必要です。カバヤのはちょっと味付けがなされているので食べやすくはありますが。

簡単に塩分を摂取できて、なおかつおいしく、多くの人に入手性も高いのはなんだろう?

それは食事です。屋外スポーツの場合は出かけた先になりますが、うどん屋やラーメン屋、海沿いなら貝汁屋なんてのもあるでしょう。その中で、出汁(ダシ)がしかりと取れているという店があれば、その店に入って、出汁が取れているなにがしかのスープに、テーブルにある醤油や塩を思う様ぶちこむのです。ただ単に塩をなめるとか、薄いスープに醤油を入れるのはしょっぱいだけになります。

ところが、出汁がしっかりとれているスープやツユだと、出汁が塩分をこなれさせて、多くの塩分を入れてもしょっぱいだけにならずに、おいしく塩分を多く摂取することができるのです。いわゆる、塩なれ効果。

塩なれ効果

病院食や健康に気を使った料理では減塩を目的として出汁を効かせるというセオリーがあります。出汁にはそれとは別に、塩なれ効果があります。炎天下のヒルクライムなどで短時間に大量に発汗した時などは、出汁の引けている食べ物屋で、テーブルの醤油や塩を入れて食べると体が動くようになります。高血圧の人や病気の人は注意が必要ですけど。

とは言っても、出汁の引けているツユの店ってのが、初めて行った先などでは、あるかどうか分からないのでは?

そこでおすすめというか、確率が高く出汁がしっかりと過剰なぐらいに引けている店ってのをお伝えしたい。それは讃岐うどんの店です。

ここ最近では、あちこちにあります。お値段もそう高くなく、出るまでも速く、しっかりと出汁が引けているツユが望める。ただし、好き嫌いがあるイリコのだしです。

とくに自転車で遠出をして体が動かなくなったら、讃岐うどんの店でツユに醤油を追加で入れて食べる。これはおすすめです。ただ、それになれると、常時、塩分が多めの食事を嗜好してしまうという罠。

Monday, July 14, 2014

400m登るのに1時間ぐらいかかっていることが判明

 いつの日にか見た紫陽花。
 阿蘇でもいいところがなかったので、練習がてらにヒルクライムに挑みます。標高だけは大観峰とか阿蘇火口の自転車がいける高さと同じぐらい脊振山です。板屋峠から最近全線が舗装された自衛隊道路を通って登るまではコースを決めていました。

地球にのって、地球を回すという地動説派の自転車乗り看板を発見。
 板屋峠超えまではなんとかなんとかというところでしたが、その先、自衛隊道路からは完全に余裕が消えます。自衛隊道路入口で、34T-28Tを投入して、完全に退路無しの崖っぷち状態。これ以上軽いギアはありません。

心を無にして登ります。やまの陰影が、波のごとく。ああ、そうか、やまなみというのは、まさに山の波なんだなあと気が付きます。
 わずかの時間だけ吹き抜ける風が視界を広げてくれます。
 今日、登ってよかった。下るときは死にかけたけど。
 南からの風が霧を運んでいました。
 頂上付近は完全に霧の中で、気温も一気に下がってきています。そういや、初春の夜の板屋峠下りは寒さでブレーキを握り込めずにひどいことになっていたなあ。
 板屋峠の分岐を戻らずに反対方向に初めて行ってみましたが、坂本峠や東脊振トンネルに出るのだったのだなあと、ほんとうにいまさらながら。完全に選択間違いでした。

南畑ダムのほうへ下ります。
下ってまた登りになるのですが、件でまったく足が回りません。時速30kmぐらい。下りの追い風でいったいなんで足が回らないんだ? ふと、ナビを見ると、1700kcal以上消費していました。ハンガーノック寸前だったので、見かけたヤマザキデイリーストア前の自販機で、ブリザードを買って飲んで、あとはなんとか家路をこなせました。

帰って食べた、コストコのプルコギ風ビーフと炒めた玉ねぎがおいしかったです(小並感)。

Monday, July 07, 2014

不死身のフジナミ 特別編を読む

不死身のフジナミ 特別編
http://p.booklog.jp/book/86279
以前に、Let's Go なまけものを読むためにパブーでクレカ登録をしていました。なまけものの更新がないか確認すると、3巻までで更新はなかったのですが、不死身のフジナミに特別編があったことに気が付きます。押川作品を読んだのが麻雀でなく、一般紙に掲載された不死身のフジナミで、タイガーとの決着は最後まで読んだような記憶があるのですが、特別編に関してはまったく読んだ覚えがありません。

てなことで、しばらく悩んでいましたが、クリックで購読できるので、心理的な抵抗も低いため購入してしまいまいた。スターシステムを採用しているので、田村、ワニ蔵(フジナミ?)が活躍しているのは分かりやすくて助かりました。


ついでに他の本がないか検索していると、

デスペナがデスペナ   (作品)   押川
デスペナが打ち切り、それも1巻の販売結果が思わしくない時点で、打ち切りが決定していたと知り、ちょっとショック。ロングテールで回収できるかもな(まあ、たいていは製作コストがあるので回収できないようですが)kindle版がないというのも凄い話です。

麻雀がらみかどうかはわかりませんが、100分de名著の、遠野物語編も読んでみました。柳田国男関連だと、宮崎県の椎葉が、自転車乗りの目標の一つでもある椎葉越えとかぶっています。いつかはいってみたいのですが、自転車で上りをこなせるようになるのが先のため、いつになるかはわかりません。

 臼沢塞と塞の神、そして咲-Saki-の中に隠された柳田国男の初期の著作へのリスペクトについて
http://d.hatena.ne.jp/hannover/20130123/1358956191
椎葉も住宅部から峠の方に向かうと秘境も秘境、日本3大秘境になります。

日本三大秘境
http://bit.ly/1jglzJz
ロードだとトランポしていっても、ちょっとしたトラブルで死にかける予想が立ちます。野生動物とも遭遇しそう。

Friday, July 04, 2014

自転車で1日500km走る技術はローラー台は必要じゃないよ派でした

なんか、1日500km走行を達成した回数が1回というのにこのタイトルはないような気もしますが、「1日500km自転車で走るにはどうすべえ?」という問いに、常識的な範囲で考えた戦略が書かれています。

平坦路を選択する 長い時間走る 休憩を少なくする 追い風コースを選ぶ 情報機器を使う

いずれも、まっとうな感じです。間違っても クランクとシートポストに入れる電動アシストキットを導入する 痛みを無視できる薬を使う 前走の風除けライダーを金で雇う タンデム自転車で漕いでくれる人を雇う ロープウェイで自転車に乗り込めるコースで何度でも上り、スキーのように下りだけをひたすらこなす、などは書かれていませんでした。正しいことだと思います。

トレーニングに関しては「しない」方向でまとめてありました。結局はそれが長く続くのだと。自分の考えだと、負荷あり3本ローラー台か、固定ローラー台を購入して継続することができれば、それに越したことはありません。

さくっと重版がかかったようで、ロングライドの本でも売れるんだなと驚きました。自分が購入したのは初版でしたが、重版では誤植が直っていればなあと思います。気がついた分では

P98 10行目 指南の技 → 至難の技
P116 後ろから2行目 後輪を外すだけで入るような大きな輪行袋 → 前輪を外す~
P135 8行目 防湿透湿製 → 防湿透湿性
P201 8行目 ランドール → ランドヌール
P222 地点 三島0 → 三島
他、「腰を降ろす」表記がありました。これは「腰を下ろす」の誤用かどうか、ゆらいでいるところかも知れません。いっこだけホイールを外す輪行袋の場合、外すのは前輪です。