Tuesday, May 26, 2015

Let's Go なまけもの 27話 で竹井のフルネームとその時点での田村の行方判明

Let's Go なまけもの 27話
 表紙が変わっていませんが、27話が最新話です。一部で落丁というか、あとがきの後半一部が読めないことになっていますので差し替えがあるかもしれません。26話も別口で細かい修正がはいったとツイッターにかかれていました。この話で竹井のフルネームが判明します。竹井遼だそうです。

「りょう」といえば、同じく長年に渡って書き続けられている沢崎シリーズ作家の原「りょう」の「りょう」を思い出します。名前非公表の沢崎コースになり、竹井の名前も判明しないところだったので良かったです。

物語はここでいったん終了でもよさ気な雰囲気になっていました。強敵のようなキャラも二人でてきていたので、そのメンツと後一人、野口か茜で高額レートで卓を囲むことになるのかもしれません。このまま終わりかもしれません。そのへんの事があとがきで分かるかなと思っていたら、電子出版の都合かkindle for PC では最後の方のあとがきの文章が切れていてわかりませんでした。

田村はポーカーにハマってベガスにいるそうです。BETの世界か。

舞台は、一瞬だけ横浜桜木町ワシントンホテルかと思いましたが、どうも違うようです。

近代麻雀の別冊もいまさら手に入れています。


竹井と梶原が登場する話「リターンマッチ」が掲載されているので購入しました。おそらくは、現時点での勝負ごとに対する竹井、ひいては作者の姿勢が分かるようになっています。

 麻雀知将伝―根こそぎ翠星石―
この頃から微妙な変化があるというか、世論や世の中の流れに対応した様子。別立てで書いてみたいものの気力無し。以下ネタバレ



なので、ここで書くと、「リターンマッチ」には
問題への対応が描かれているわけです。「リターンマッチ」では自分のスタイルを崩さないキャラの代表として梶原が描かれていました。梶原は、強運が続く相手に負けが込んで破綻の瀬戸際に立たされます。ベタ降りしないスタイルを変えて行けばやりようはあるのではないか? 竹井の問いかけに対しては、そんなことはしないという答えを返します。自分たちの麻雀(笑)になりかけるところでしたが、竹井が策を用いて、結果として梶原に流れが戻ってくることになります。

後になって、スタイルは変えないが、麻雀の場に竹井を呼んだのは梶原だったんだということが語られます。「竹井なら、あのツキに乗って突っ張る相手をなんとかするだろう」ということで来るように仕向けたということだったと。スタイル? に殉じて負けるのではなく、やれることはやりあくまで勝利を目指す。ギャンブルに限らず勝負では当たり前といえば当たり前なのですが、「(負けそう、もしくは)負けると決まれば美しく負けたいよ派」というのもあります。今回は、梶原にしろ、くすぶっていたころ以外の竹井にしろ、やれることをやり最後まで勝ち(負けないこと)を目指すという話だったと解釈しています。

アメリカンイーグルの 700C * 28C CRB7018 ツインLED ハブダイナモ採用の自転車をホームセンターで見かける

 サギサカ扱いのアメリカンイーグルの自転車をホームセンターで見かけました。ハンドル部には、シマノのツインLEDことLP-R200が取り付けてありました。ハブダイナモもシマノのネクサスでNH-40っぽい型番でした。
 今となっては旧式なんですが、現時点でも日本の自転車に初期搭載されているLEDライトとしては明るい方です。
 アメリカンイーグル。
http://www.sagisaka.co.jp/
サギサカのサイトからpdfカタログが落とせます。


自分で探すと分かるのですが、700Cでハブダイナモを採用している自転車というのはなかなか売られていません。あと付けで700Cのハブダイナモを取り付けようとするとスポーツ用ハブダイナモだと3万円ぐらいは必要になります。売り手はDMCということで、先日、ライトを見に行ったダイキの関連企業です。どうも、自転車のライトにこだわりがある中の人がいる模様。

 700Cといっても本格的なスポーツ用ではありません。車重も書いていませんがスチールのため軽量でないことは分かります。ほかのサイトの類似車種だと16kgと表示がありました。

ただ、球切れ、電池切れなどを気にすることなく走行できるので、ライトに関しては悪くありません。パーツのトータル的には普通か、ちょっとハブダイナモに予算をとられて類似の価格帯の自転車に較べて微妙に落ちるぐらいでしょうか。

しかし、ハブダイナモが全てを許してくれます。ライトマニアなら。


 ほかに見かけたもの。
 イーストボーイの自転車
上はシナネン。
 サギサカ扱いなのか、カゴにサギサカのペーパーが。
 これはヒルモ採用者でした。シマノの勧めるデイライトです。ハブダイナモは出力を落として負荷を減らしています。LEDの性能向上がもたらした恩恵です。

ライトマニアには不向きかもしれません。
いちおう、眩惑対策っぽいシルエットなんですが、上の庇はある程度長くないと完全な眩惑対策にはなりません。角度の目安にはいいかも。

Saturday, May 23, 2015

mineoからの逃走を企てる

mineo 激遅
mineo 繋がらない 時間帯
遅いのならいいのですが、そもそも繋がらない。アプリがネットワークに接続されていないと判断してかってに終了してみたりと、困ったことになることがぼちぼちあります。山際では当然にアウツ。一時期はmineoは200kbpsでも150kbpsは安定して速度が出るぐらいの話だったそうですが、2015年4~5月時点では、大変に残念なことになっています。良くなったり悪くなったりを行ったり来たりするのかもしれません。

ただ、悪い時に、遠隔地に車で行った際にyahooナビが電波をつかまなくなって大きな分岐に差し掛かってしまいどうすればいいのか詰むということがありましたので、これはプランBが必要だなということになりました。

以前はドコモ(OCN)系のasahi-netのMVNOを使っていたので「ああ、速度は遅いけど混雑時もなんとかつながるし、検索できればいいし、こんなものかな」などと思って、Nexus7を落として紛失したことを契機として、SHL25を購入してmineoに移動したら、asahi-netでは起きなかったトラブルが出てきて泣けるということになりました。こ、これは逃亡するしか!

とか思っていたら、一年間の縛り期間がありました。

しょうがないので、新しく設定された月間高速通信500MBで700円(税別)コースに切り替えて、同時並行で別端末と別のMVNOを使おうということになりました。これが合成の誤謬でばいことを祈ります。移行先は、できればasahi-netが面倒がないのですが、IIJ系のDMMが3枚SIMセットコースがあるのでそれもいいかなあ家族用になどと思っています。

月額700円なら保持もありかなあ。自転車かローラー台専用端末にしたい。

run on earth が、ほかのアプリのGPS機能を阻害するときがあるのと、jpgファイルを作り散らかすので使わなくなっていたのですが、専用端末化するなら再開できそうです。

D2R Shadow + APP 走ってみた
http://differ.exblog.jp/23552849
D2R Shadowもいいなあ。ミノウラのライブトレーニングがandroid対応をしてくれれば、そちらでも少しは楽しめそうです。

Thursday, May 21, 2015

ルンバ 使用一ヶ月で、互換のエッジブラシの毛が全て抜ける

 ルンバが動いているとシャリシャリという音がするようになっていました。いったい何の音だろうかと悩んでいましたが、裏面をみると、なにか、こう、違和感が。

 ダストボックスを引っ張りだしてゴミを捨てようとすると全てが分かりました。新しく取り付けていた互換エッジブラシの毛が全て抜け落ちていたのです。
amazonで購入したので、購入した日付が分かりますが、およそ一ヶ月で綺麗に抜け落ちてしまいっていました。純正のエッジブラシは一個で2,200円ぐらい。一年以上持ちます。互換品は3個で780円ぐらいからありますが、一ヶ月でダメになるのでは純正品の方がマシという計算です。

調べていると、互換品も一手間加えるといいらしいので、3個セットを購入して一手間くわえてみようと思います。ダメなら純正を買います。

Monday, May 18, 2015

山田サービスエリアで 村上商会の 湯の素 販売を確認しました

 山田サービスエリア。登りか下りか分からず。大分から鳥栖ジャンクションへ向かう側のサービスエリアです。検索すると上り側でした。下り側と品揃えなどが違う時があるので油断はできません。

山田サービスエリアに寄ったのは、宇佐神宮からの帰路でした。帰路が先になるというのは、bloggerは携帯電話(スマホ)からの写真をアップロードする順番がおかしいためです。いつも難儀しています。
 山田サービスエリアは流通網的には鳥栖の東。県としては福岡県内。場所としては大分に近い。土産としてはどれを買うべきなのか、なかなかの難所です。

新しい施設で、面積も広くいろいろと販売しています。いかさしの塩辛もありました。

ここだけで福岡、熊本、佐賀、大分の土産が押さえられているという。宮崎、鹿児島は分かりませんでした。

 高いお茶も売っています。
 やせうま、だご汁。これは大分県。かぼすやゆずなどのドレッシングもあります。
 基山のパーキングエリアと品揃えが違うので、土産目的なら両方に寄ると幅広く揃えられるかもしれません。基山だと、鹿児島の土産もちらっと置いてあります。枕崎のカツオの塩辛とか。宮崎の地鳥のパック入りなどもあったような。
 基山(上り線?)には無かった湯の素を確認できました。あるという話だけでは信じられなかったのですが、これで、由布院までいかなくても済むようになりました。外からも徒歩で出入りできるようなので、自転車で行くという手も使えます。さすがに由布院、もしくは別府湾サービスエリアまで自転車で行くのは気合いが必要でしたが、これでぐっと身近になりました。
 ほかにも定番の入浴剤が販売されていました。由布院は列車の駅からしばらくは道並も整っているのですが、金鱗湖が近づくに連れてだんだんとお行儀が悪い感じで土産屋さんの看板などが原色になってきているので、ひなびた感じが好きな場合は他のルートや場所を選択することになります。ただ、湯質は他では得難いとなれば、湯の素でごまかしてしまえという技があるのです。
 往路。ドライブイン香春(かわら)に、たこ焼きを食べに行きましたが……

 2015年1月からお休み。あ、あらら? 結局、食べることが出来ずじまいになるのか。

(写真を前後入れ替えると、文字が打てない問題。直打ちなら大丈夫です、なにかがおかしい)







 bloggerの仕様が相変わらずで、写真の前後を入れ替えると、横にテキストが挿入できません。道の駅・香春で石炭ソフト。






googleの謎機能。セピアにしてあげます機能。



これは往路で別にまとめたい。そもそも、宇佐神宮に行くことが目的でなくて、宇佐神宮の参道になる是恒商店のピーナツ飴を買いにいったんですなあ。ついでに参拝。それでいいのだろうか……