Tuesday, May 24, 2016

グラブルで無料のガチャチケットをもらえたので引きました

運用方法がわからない ・・・

というか、ローラー台しながらだと、連打以外の作業がキツイという。やはり、スタートダッシュチケットでヨダ選択は正解でした。アサルトタイム中なら攻撃をポチっとするだけです。ばんけついっせんじゃ! 声が千葉繁なのもナイス。声優名がほぼわからない自分でも分かる声優さんです。もっとも、自分としては実写ケルベロスの印象が強いんですが。

Sunday, May 22, 2016

エベレスト登頂は、はじまりに過ぎなかったのか・・・

膝に加えて腰まで痛めて、諸般のことをお休みしつつも、あと数百メートルでZwiftのエベレスト登頂が終わるとことまで来ていました。

イブプロフェンの錠剤と各種塗り薬を使って痛みをごまかして登頂完了。で、しばらくはウイニングランざますーと走りつづけたのです。

勝利の撮影をしようかと思って、エベレスト登頂進展画面を出すとー

残りが4万メートル以上のミッションが立ち上がっていました。あまりのショックでモニタ画面にパンチしかけたという。(イエティのあたりを一本拳で打ち抜きかけた)


ちょっと、これは腰と相談して、平面イタリアコースにするかどうかを考えたい。というか、5万メートルで終わりの保証がありません。

Tuesday, May 17, 2016

新しいPCが組みあがるも、ドライバなどのソフトはまだ

 しかし、なぜこの間隔で、固定金具が180度きれいに回転すると思ったのか・・

そして、干渉している時点で、なぜほかの手を考えなかったのかは謎です。眠かったから?

google IME でないと、思ったように漢字が出てきません。すごいなマイクロソフトのIME。
 ヤマザキパンのサクッツェルという、リョーユーパンのマンハッタンに対抗しています的なものがまた出ていました。幾度も挑み、そして消えていくという。マンハッタンつよいなー。
1個、692kcal。カロリーで攻めてきました。むちゃすぎる。ただ、自転車で遠出するときはありがたいかなと思いました。

Saturday, May 14, 2016

享年7歳ぐらい MSI‐MA78EMとかの名前だったマザーボードちゃんはお亡くなりになりました

パーツの一部、電源とCPUクーラーがそろったので換装しようとました。思いのほか、CPUクーラーがすんなりと取りついたなあと思っていたら、最後の固定用の金具が180度ぐらい横に回転させる方式だったのです。

くるっとまわすと、上側(電源側)は簡単に最後の固定位置まで回転したのですが、南側、まさにサウスブリッヂのある側が、サウスブリッヂのヒートシンクに干渉して途中でとまるわけです。

で、まあ、こう、ヒートシンクをぐぃっとさらに南側に傾けて、フンヌッ! って感じで固定用の金具が回転して正しい位置におさまったのですが、それは正しい行為ではなかったわけでして。

電源は入るけど、ピポとは言わなくなりました。マザーボードの通電していますランプも点灯していますが、どうやってもBIOS画面が出ない。「あ、CPUのせかえ扱いだから、CMOSクリアがいるのかな?」と、その時点でなにかヤバイことを察知はしていましたが、現実から目をそむけてCMOSクリアやマザーボードのCR2032電池交換などを試みますが、まあ、ピポともいわないわけです。画面も出ない。モニタはシグナルロスの表示。

よくよく考えると、一番疑わしかったメモリまわりでダメになりやすいのは、グラフィック機能が統合されていて無駄に発熱が多くなってしまっていた(だからCPUクーラー金具と干渉するまでにでかいヒートシンクがついていた)サウスブリッジだったのではないかと、すべてが終わった後に気が付く始末です。

これは予備のノートPCから投稿しています。ノートPCのほうが最大クロックが大きいのか、いろいろと早いという。しょうがないので、ノートPCからamazonで追加のパーツを発注しました。スカイラークにしようかなと思ったのですが、値段を見てやめました。慣れているAMDを選択。


TDP65Wで4コア。クロックは3.6Ghzです。1万5千円以下なのがありがたい。ターボモードなどのクロックアップ機能で4Ghzになるとか。常用しませんが、ここ一発で少しでも速度がはやいほうがいいときは使うかもしれません。

マザーボードはGIGABYTE AMD A88X GA-F2A88X-D3HPにしました。メモリやオンボードチップのヒートシンクとCPUクーラーが干渉しないようにATXにしました。ひさしぶりというか、何年ぶりだろうかATXマザーボード……

USB3.1(Cタイプ)が最初から搭載されていることが選択の決め手になりました。マイクロATXタイプの同じシリーズのものもあります。そっちのほうが3000円ぐらい安いです。ただ、レイアウトがちょっと厳しめか。メモリはDDR3の8GBを2枚にしました。

OSごと落ちるトラブルが続けば、仮想化した環境で試そうと思います。

Tuesday, May 10, 2016

ブルースクリーンのエラーメッセージを読むと、一番上にmemory management のエラー表示がありました 追加

memory management エラー
よくある話だったとか。メモリDDR2のため、物理的にダメとなれば、マザーボードからの交換コースになりそうです。

とか思っていたら、エラーメッセージ無しで落ちたり、0x0000001Eエラーが出たりということに成って来ました。さらには、googleIMEで漢字変換する際に、先頭の文字だけ真っ白になって、いまの何の漢字か分からない問題も発生。コレはinsertキーおされていたと判明。

コラボ報酬めあてでranobe Pと化しているモバマスでは、ちひろ集金人のエフェクトがバケバケになるなどの症状もでています。メモリチェック、メモリの一時退避箇所でもあるSSDのエラーチェックは通りました。それでも症状が出ていてます。

メモリを積んでいて管理が行き届かず、静音化しているPCで筐体内部のエアフローが弱いので負荷があがったさいに問題が発生しやすいところ……

これは、電源かビデオカードのHD5450がもっともあやしいのではないかとなりました。モバマスとグラブルは、どうもアンドロイドエミュ上で動いている扱いになっていて、HD5450のハードウェアアクセラレーション機能が全力運転していそうなのも疑わしい要素です。

パーツ全交換はプランBにするとして、そろそろ寿命的にあやしい電源と、ビデオカードを更新して、それでだめならプランBとしてみたいです。別口でCPUクーラーとケースファンの新しいものを購入していますので、実際はプランB+ぐらい。


CPUクーラーは侍ZZ Rev.B SAMURAI ZZ を購入しています。突き出た部分でメモリまで空冷してくれる(ヒートシンク付きの背の高いメモリは干渉のおそれあるそうな)のがポイントです。AM2系がと取り付けが簡単だというのも選択のポイントになりました。

CPUクーラーは、いまはファンレスですので、ケースファンのエアフローに依存しています。これも新しいものを購入しています。直ればいいなあ。